event

第6回ミッドランドスクエア音楽祭

【更新日:2011年03月31日】

3月21日(月・祝)11:30~18:30、
B1Fアトリウム特設ステージにて
「ミッドランドスクエア音楽祭」が
開催されました。

毎年春・秋と開催し、今回で6回目。
今回のテーマは、
「~ジャンルを超えて~
弦楽器の魅力に出会える一日」。
そうなんです、この音楽祭の魅力は、
中部エリアはもとより東京で活躍される
実力派の演奏家の皆さんによる
クラシックやジャズが、ほぼ一日館内に
鳴り響くところなんです!
年々人気が増し、たくさんのお客様が
楽しみにして下さっているんですよ。
今回も自由席でご用意したお席は
ほぼ全て埋まっておりました。

初めに弊社社長の水尾が
ご挨拶させていただき、
震災で被害に遭われた方々に
お見舞い申し上げました。
そして昨日の名フィル同様、
オープニングにて献奏といたしまして
バッハ「G線上のアリア」を
ご演奏いただきました。

その後は、オーボエ四重奏から始まり、
ヴァイオリン、ピアノ、チェロ、ベース、
ヴィオラ、コントラバス、アコーディオン、ギター
などなど、数々の楽器の組み合わせで
時に厳かに、軽快に、ムーディーに
素敵な音楽が奏でられ、
館内がまるでコンサートホールのようでした。

ラストには、
過去にも当館のイベントで何度か演奏して
いただいている
「高橋誠アコースティックバンド」が登場。
カルロス・ガルデルの「想いの届く日」を
含む4曲。
迫力満点の素晴らしい演奏に大拍手!

アンコール終了後は、
ファンの方々から写真や次回コンサートの
チラシを求められ大人気!
私もちゃっかり撮影させていただきました!

ピアノ&アコーディオンのティト・モンテさんと、
ギターの望月雄史さん。

次回は秋ですね、待ち遠しい。
お楽しみに!

震災の義援金募金をさせていただきました。
皆様ご協力ありがとうございました。
赤十字社を通じて、お送りいたします。

“名フィル 春の便り2011”のご報告

【更新日:2011年03月23日】

3月20日(日)、毎年、周年を記念して
開催させていただいております
「名古屋フィルハーモニー交響楽団」の
コンサートが、当館5Fミッドランドホールにて
行われました。

例年、新聞やホームページ等で
ご案内させていただき、抽選で
130組260名様(一般の部、メンバーズカード
会員の部の2部制)を無料ご招待させて
いただいております。

指揮は東京交響楽団クリエイティブ・
アドバイザーの堀俊輔さん。
はじめに、震災の被害にあわれた方々への
献奏といたしましてバッハ「G線上のアリア」を
ご演奏いただきました。

ソリストには第64回全日本学生音楽
コンクール・バイオリン部門・中学校の部で
全国大会1位に輝いた若きバイオリニスト、
徳田真侑さん(愛知県長久手町)。
「ハイドン/バイオリン協奏曲 第1番 ハ長調」
をご披露いただきました。
まだあどけなさの残る15才。
しかしながら、15才とは思えないダイナミック
かつ大変美しい演奏で、
完全に惹きまれてしまいました!

他に、チャイコフスキー、アンダーソン、
ホルストなどを含む全9曲。
会場内は重厚なクラシックに包まれました。

受付には、震災救援金箱を設置させて
いただきました。
ご協力いただきました支援金は、
毎日新聞大阪社会事業団を通じ、
被災者の方々にお送りさせていただきます。

市川亀治郎さん、トークライブ。

【更新日:2011年03月10日】

先週末3月5日(土)、「桜の宴」の開宴を、
華やかに、艶やかに彩ってくださったのは、
確かな実力で今、最も注目される歌舞伎役者
と言っても過言ではない、
澤瀉屋、市川亀治郎さんです。

歌舞伎のみならず、最近はドラマや
バラエティー番組などでもご活躍。
2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」では
坂本龍馬の暗殺役として
迫真の演技をご披露されました。

そんな亀治郎さんのトークライブが
先日、B1Fアトリウム特設ステージにて
行われました。
亀治郎さんを間近でご覧になろうと
開催2時間前からお客様の列が。
あっという間に椅子は埋まってしまい、
その後は吹き抜け周りで立ち見のお客様も
びっしり!

名古屋は、御園座、中日劇場、芸術劇場など
数々の公演でお越しになっているため、
とてもお詳しいご様子。
ミッドランドにもお越し下さっていたんですね。
ありがとうございます。
和久傳、京都吉兆がお気に入りとのこと。
「西湖(せいこ)というレンコン餅、
僕は甘いものが苦手なんですが、
これだけは食べます!」と。

歌舞伎の楽しみ方をお尋ねすると、
「難しく考えないで下さい。
美術館でも何でも、作品を見る前に
色々資料を読んでしまうと先入観が出来て
しまうでしょ。何も考えず、まず自分の目で
見て、感じたままでいいんですよ。」と。

実は私、先日、銀座で
「二月花形歌舞伎」を拝見いたしました。
昼の部は満席だったため、
夜の部、近松門左衛門作「女殺油地獄」を。
詳しいわけではないのですが、
歌舞伎は毎年1回は見たくなります。
あの会場全体の空気感がたまりません。
今回初めて観る演目で、それこそなんの
前知識もなく拝見したのですが、
市川染五郎さん演じる与兵衛の
狡賢くも堕ちていく男の姿と、
亀治郎さん演じる、
何も悪くないのに親切心が仇となり、
無残にも殺されてしまう油屋の女房お吉。
それはそれは見事に演じられ、
舞台にどんどん惹きこまれて、
体が自然に前のめりに。
圧巻のラストシーンは、
呼吸することを忘れてました(笑)
本当に面白かったです!
すみません、熱く語ってしまいました。

近々に亀治郎さんの美しい女形を
ご覧になりたい方はこちら!

来月4月9日(土)、御園座で
劇団若獅子「一本刀土俵入」という舞台に
特別出演されるそうです。

トーク後半には、その美しい女性の所作を
教えていただきました。
「写真を撮られる時は、頭の上から
引っ張られている感覚でまず姿勢を正す。
そして体をやや斜めにし、肩を落とす。
男性と一緒に撮影する時は、
必ず少し下がって、一方の肩を男性の
後ろに入れると女性らしい。」
なるほど・・・大和なでしこの出来上がり!

こんなにしなやかな亀治郎さんですが、
4月は日テレ系スペシャルドラマ『熱中時代』に
男性教師役でご出演されるそうです。
現代劇、しかも男性役、見てみたいですね。

本当に素敵な亀治郎さん。
控え室では快くサインにお応えくださいました。

本当にありがとうございました!

ちなみに・・・トーク終了後、
「紫野和久傳」は大賑わいでございました!

●市川亀治郎オフィシャルサイト
http://www.kamejiro.info/