cafe/sweets

初夏の青葉。

【更新日:2014年04月25日】

街の風景が、
桜色から若葉色に
変わってきましたね。

季節と共に、
「紫野和久傳」から
新しい商品が登場しています。
『青葉』、です。

水羊羹の上に、
うすい豆と抹茶の餡の寒天が。
せせらぐ川の水面に映る
青葉のよう。

窓を開け、
初夏の風を感じながら、
お茶にしましょうか。
爽やか。
小豆の優しい甘さと、
本格派の抹茶の苦味。
これ以上ない組み合わせ。

「青葉」の販売は、
5月18日まで。
この季節の手土産リストに
仲間入りです。 

あ。

大好きな「わたぼうし」も
始まっていました。
うすい豆の大福。
こちらも美味。

母の日の贈り物。
「かいせき重ね箱」。
粋な優しさですね。

素敵なギフトコンシェルジュ、
裏地桂子さんも大好きな和久傳。
『青葉』のこと、お伝えっしなくっちゃ。
いやいや、たぶんもう
ご存知なんだろうな。(笑)

●紫野和久傳
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=0107

天空のBAR。

【更新日:2014年04月24日】

夕暮れ時に入ると、
二つの景色が楽しめます。

淡いパープルとオレンジが
入り混じったアンニュイな空。
街並も優しく見えます。
この景色を眺めながら、
まずは軽くアペリティフ。

「折角だから。」
ご一緒した方はオリジナルカクテル、
「ミッドランドブルー」をオーダー。
三層になってます。

私も、ブルーの柑橘系カクテルを。
と、言っても今日は、車。
なんとこちら、ノンアルコールなんです。
ノンアルコールカクテルが
充実しているのは嬉しいですよね。

そうそう、思い出しました!
バブルの頃、女友達との間で、
バーテンダーさんに、
「お任せで。」と、粋がって
オーダーするのが流行ったんです!(笑)
すると何故か私だけ、
どこのBARに行っても
いつも「水色」。
「見た目が冷たく見えるんじゃない?」
そうやって、みんなに
からかわれました。
どうでもいい話ですが。(笑)

カクテルを
飲み終えた頃には…

この夜景。
地上220m、壁一面のガラスは
まさに100万ドルの宝石箱。
(※ここは彦摩呂風には言わないで下さい)
カップルも寄り添うはずです。

この抜群のシチュエーションに
酔いしれる、女子二人。(笑)

「サロン・ド・モンシェール」
の専務、金春花さんです。
相変わらず、お美しい。
今日はマリオットで開催された
美容セミナーにご一緒させて頂き、
その後こちらへ。
2杯目は、モヒートを
召し上がれていました。

私はノンアルカクテルの
「ローズ」。甘い口当たり。
ミニバラが浮かんで、可愛い。
目の前の春花さんみたい。

お料理はこちらをシェア。

アボガドとズワイ蟹、甘エビのタルタル。
2種類のグレープフルーツ添え。

真鯛と帆立貝と野菜のナ―ジュ

知多三元豚ロースのグリル
桜海老とエリンギ茸のソース。
豚肉を桜海老で頂くなんて、
斬新。でも絶品でした!

ブルーエッジ、
近々季節限定のカクテルが
登場するんですって!
サロン・ド・モンシェールも
来週、新商品が。
どちらもまたご紹介しますね。

新幹線の時間がやってきて
タイムオーバー。
楽しく有意義な時間でした。
女二人でBARでゆっくりするって
なかなかいいものですね。

●サロン・ド・モンシェール
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=0109

●ブルーエッジ
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=4105

初の「Markus T」フェア。

【更新日:2014年04月21日】

メガネのセレクトショップ、
ミッドランド3F「ジートランス」で、
今回が初とブランドのフェアが
開催されていました。

「MARKUS T(マルクス ティー)」。
1998年にドイツの天才クリエイター
マルクス・テミング氏がネジを
使わないシンプルな眼鏡を開発。
4年後には、デザインの革新性、
機能性、人間工学、エコロジー、
耐久性など9つの基準から
審査されるドイツの
“red dot design award 2012″
も受賞し、世界で注目されました。
元東京都知事も愛用していたそう。
最近、国内のファッション誌でも
取り上げられるようになりました。


驚くのが、まず軽さと弾力性。
ジートランス1、かもしれません。
なんといっても、ノンスクリュー。
一切ネジを使わない
独自構造なんです。


素材自体も、
“T”というチタンのシリーズと、
“ME”というオリジナル樹脂の
シリーズがあるそうなんですが
メタルフレームであるにも関わらず、
シートチタンを採用するなど
あらゆるアイデアで
しなやかさと軽さを実現し、
疲れくい、耳が痛くなりにくいという
ストレスレスなメガネとなっています。


さらに、驚くのが、
フルーオーダーシステム。
フレームやアームの形、色、
全てお好みでカスタマイズ
できちゃうんです。

「この形もいいんだけど、
これがこの色だったらなあ。」
ってことで諦めたりする必要が
ないわけです。
少しお渡しまでお時間を頂くそうですが
ドイツで専属のクリエイター達が
一からあなただけのメガネを
オーダーメイドしてくれます。

そうそう、クリップオンサングラスも
できるそうです。これもオーダー。

普段これだけのサンプルを
ご用意出来る事はありませんので、
とても貴重な機会となっております。
是非実際に店頭でお試しいただき
組み合わせをご検討下さいね。

また期間中ご購入の方には、
数量限定でノベルティをご用意しています♪
「マルクス ティー フェア」は29日(火)まで。
皆様のご来店をお待ちしております。

 ●ジートランス
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=311