goods

『マーチャント&ミルズ』の裁縫セット。

【更新日:2016年05月27日】

これは面白い!
スタイリストさん、必見じゃないかな?
IMG_8173
3F「ジョン スメドレー」で
同じイギリスブランド
『Merchant & Mills』の
取り扱いがスタートしました。
これを記念して、
日曜までこんな可愛いディスプレイ。

何?と思いますよね。
IMG_8167
IMG_8163
IMG_8176
IMG_8177
IMG_8178
IMG_8179
はさみ、針、針山、メジャー、
etc…のソーイングセット。

そして、
IMG_8162
IMG_8165
IMG_8169
IMG_8168
IMG_8166
ノート、ピン、クリップ、
オリジナルキャンバスバッグ・
etc…の文房具。

めちゃくちゃ可愛い・・・

ロンドンの南東部
イースト・サセックス州にある
“Rye(ライ)”。
中世の風情が残る小さな田舎町。
ブランドブランド
『マーチャント&ミルズ』は
ここにあります。
IMG_8175
デザイナーは、
キャロリン・デンハム。
フランスの伝統的な
『couture(クチュール:仕立て服)』を
現代にも広めたいとの思いから、
パターンの製作や、
イギリス製品を中心とした
縫製小物などの仕入れを行っています。

IMG_8171
写真家でライターでもある
ローデリック・フィールドによる
グラフィックと共に、
独特の世界感を提案しています。

クラシックなのにどこかキュート。
クールなのに温かみのある
『マーチャント&ミルズ』、
要チェックですよ!

●ジョン スメドレー

http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=307

「カルティエ トラディション」のブローチ。

【更新日:2016年05月22日】

1F「カルティエ」で
イベントが開催されています。
IMG_8023
「カルティエ トラディション」の
中からブローチだけを集めた受注会です。
IMG_8031
アップでご紹介できないのが残念・・・
過去に制作した作品の数々を収集し、
「カルティエ コレクション」として貯蔵。
再度販売可能とされた作品群がこの
「カルティエ トラディション」。
昨年、京都国立博物館で開催された
「カルティエ ロワイヤル」にも
1コーナーがありました。
それはそれはクラシカルで美しく、
味のあるアンティークブローチです。
IMG_8032
店内は赤いライトで染められ、
IMG_8034
店内はシャンパンサービスのほか、
IMG_8028
フォトスポットや、
IMG_8029
PV紹介、
IMG_8030
プロジェクションマッピングなど
華やかな店内となっています。
月曜日まで。
ぜひご覧くださいませ。

●カルティエ

http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=102

アンティーク ウォッチ コレクション。

【更新日:2016年05月17日】

3F「マルティニーク ルコント」を入ってすぐの所で
「ANTIQUE WATCH COLLECTION」が
開催されていました。
SONY DSC
歳のせいでしょうか?
なんだか無性にアンティーク時計が
美しく感じます。
SONY DSC
SONY DSC
当時ならではのムードを持ち、
年代を重ねロマン漂わせるアンティーク時計。
SONY DSC
半世紀、時には100年をも遡り、
時を刻んで来ました。
手作業によって丁寧に作られた時計は
現行品ではなかなか感じることができない、
デザインの繊細さや美しさです。

オメガ。
SONY DSC
SONY DSC

カルティエ。
SONY DSC

Gallet。
アンティーク好きな方には
たまらないコレクションだとか。
SONY DSC
ROLEX。
SONY DSC
SONY DSC
一番右のピンクのベルトも。
SONY DSC

人の手から生み出され、誰かの思い出を刻み、
永い月日を旅して、
そして誰かの思い出を受け継ぐ。

5月22日(日)まで。
かけがえのない出会いを探しに是非、
お立ち寄りください。

●マルティニーク ルコント

http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=3022

Page 10 of 101« First...89101112...203040...Last »