goods

ギフトコンシェルジュの裏地さんと。

【更新日:2014年09月18日】

ギフトコンシェルジュとして、
『ソロモン流』にご出演され、
たくさんの女性誌で連載をお持ちの
裏地桂子さんが名古屋へ。
昨年、「My Story」にもご出演下さいました。
裏地さんがオススメ下さったアイテムは
どれも売り切れ続出に!
IMG_6866
夜はあの有名な
鮟鱇鍋を召し上がられるらしく、
サンタ・マリア・ノヴェッラで、
軽めのランチを。
IMG_6864
平日だと1,600円が1,000円に
なっちゃうハーブサラダランチを。
9月の月替わりスープは、
女子ウケ抜群の紫芋のスープ。
IMG_6867
「体に優しい味だわ。
胃腸が疲れ気味だから丁度いい!」
選べる秋茶も胃腸を整える、
「鞠」を御選びになられました。
IMG_6865
10月にまた新刊を出されます。
小学館から、『ほめられきもの宣言』。
「この年になると、シャネルのスーツを
着ていても誰もほめてくれない。
でもお着物なら“素敵ね”って
言ってもらえるのよね。
そんな風にほめられたら嬉しいでしょ。
そういう本を書いたのよ!」って。
photo_2[1]
なるほど、それは興味深い…
草月流師範、茶道もなさっていて
さらにお着物にも詳しい桂子さんです。
「和文化、これだけ知ってれば大丈夫!
ってド素人講座、開催してくださいよ。
私、勉強しに行きますから。」
IMG_6868
「そうそう!ブログで見た
あれが買って帰りたいの!」
ということでイデアフレイムスへ。
有難うございます!
それ、大人気です!!
富士山の形の氷が作れる製氷器、
“フジロック”。
お友達への贈り物にと
5個も買っていって下さいました!
お荷物になるのに!
さすがギフトコンシェルジュ!
桂子さん、ありがとうございました!

●裏地桂子オフィシャルサイト
http://uraji-keiko.com/

●サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリア
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=313

「PADMA IMAGE」フェア開催。

【更新日:2014年09月14日】

サンスクリット語で
「蓮」の意味を持つ
「パドマイメージ」。
SONY DSC
香川県在住のデザイナー
蓮井さんの手によって
『感覚の追求』をコンセプトに
生み出され、
日本中へ発信されています。
SONY DSC
3Fのアイウェアショップ「ジートランス」では
この「パドマイメージ」のフェアを開催中。
SONY DSC
希少なアセテート生地を使った
独特の色遣いだけでなく、
『ファッションとの融合』を軸に、
心地よい違和感のある形なんです。
SONY DSC
「ナイフ」っていうタイトルが
付いてます。
SONY DSC
「こうもり」がイメージ!
SONY DSC
こちらは「お米」の形!
SONY DSC
ほら、ここに「RICE」って
書いてます。

現代の多様なファッションに対する
オリジナリティ溢れる形と、
希少な生地から生み出される
デザインの数々は、
新鮮な驚きを与えてくれますね!
SONY DSC
全て、この価格。
SONY DSC
日本国内の数ある眼鏡店の中でも、
約30のお店でしか
見ることのできない
限定されたブランド。
東海三県ではなんと
ジートランスだけの取扱い!!
SONY DSC
あら、お洒落な方がいるなと思ったら、
「My Story」ファッションライターの
千晴さん!さすが知ってますねぇ。
SONY DSC
期間中は通常のラインナップに加え、
希少なコレクションを
特別展示・販売いたします。
またノベルティをプレゼント!
(数に限りがございます。)
明日9/15(祝・月) まで。
この機会にぜひご来場下さいませ!
Wポイントも明日までですよ!

●ジートランス

http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=311

デルーカのアメリカワイン。

【更新日:2014年09月11日】

市内某所にて、
「アメリカ・ワイン・ティスティング」
イベントが開催されているというので
覗いてまいりました。
SONY DSC
SONY DSC
米国大使館農産物貿易事務所と
在名古屋米国領事館が開催する、
アメリカ産ワインの試飲イベントです。
SONY DSC
お誘い下さったのはこちら、
全国誌のライターをされている
冨塚美智子さん。
ワインやグルメにも精通されてます。
SONY DSC
あら、このあたり。
見覚えがあるような…
「ディーン&デルーカに卸されてます?」
「あっ、はい!お取扱い頂いてます。」
さすが!
ディーン&デルーカです!
ワシントン州コロンビア・ヴァレーの
「チャールズ・スミス・ワイン」。
ロッカーみたいな風貌の
チャールズ・スミスさんが
モダニストの為のワインとして
作っていらっしゃるワインです!
SONY DSC
SONY DSC
アメリカワインといえば
カリフォルニアワインというイメージですが
ワシントン州、オレゴン州、ニューヨーク州の
ワインもあるんですね。
近年ではNYでのワインブームによって、
地産地消文化が高まっているそうです。
広いアメリカ、
フランスやイタリア同様、
各地の気候に応じた、
多種多様なワインが
出来上がっているようです。
SONY DSC
あら?この後ろ姿は?
SONY DSC
やっぱり!昨年ミッドランドでの
ワインイベントにご出演下さいました。
名古屋を代表するソムリエ、那須亮さん。
そしてお弟子さんであり、今回の
「ルージュ・ランデヴー」にご協力頂きました
同じくソムリエの梶原幸恵さんも発見!
皆さん、勉強されていらっしゃるんですねぇ。
SONY DSC
SONY DSC
「このブロック・セラーズは
本当に優秀なワインだね。」
那須さんのお墨付きを頂きました。
SONY DSC
なんとこちらディーン&デルーカと
共に共同開拓し、日本に入れるように
なったワインだというのです。
いい話を聞けました!
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
各産地のワインと共に
アメリカ産のチーズ、アーモンド、
枝つきレーズン、ポークジャーキー、
カリフォルニアのオリーブオイル、ジャムも
紹介されていました。
SONY DSC
アメリカのワイン事情を学び、
ミッドランドスクエアに戻って、
「ディーン&デルーカ」へ。
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
あら、ほんと!
あります、あります。
先程試飲させて頂いたワイン達が!

アメリカ産ワイン、奥が深いですね。
近年はさらに品質向上しているとのこと。
お祝いに、ホームパーティーに
アメリカ産ワイン。
お気に入りの手土産リストに追加です!

●ディーン&デルーカ
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=0104

Page 30 of 101« First...1020...2829303132...405060...Last »