report

ラグジュアリーとは何か?

【更新日:2014年01月16日】

2007年3月に
「大人のラグジュアリーモール」として
名古屋駅前に誕生した
ミッドランドスクエアは
この春、7周年を迎えます。

次号のプレミアムマガジン
『My Story』では、原点に返り、
“ラグジュアリーブランドの魅力”について
ラグジュアリーなファッション誌
『25ans』の十河ひろ美編集長に
語って頂きます。

「久しぶりに隙のない女性に会ったなぁ。」
スタッフの誰かが呟きました。
長年、日本のファッショントレンドを
牽引されてきた十河編集長。
知的で、エレガントで、華やか。
スタッフも心なしか緊張しています。

でも、取材が始まったとたん、
「わざとオーラを消して下さいましたね。」
穏やかで、気さくで、キュートに変身。
素晴らしいお話が
たくさんお聞きできました。

衣装はルイ・ヴィトン。
スタイリストは、櫻井賢之さん。
ヘアメイクは、室岡洋希さん。
カメラは、宮田政也さん。
ライターは、近藤マリコさん。

商品撮影チームの
カメラマンは竹内秀実さん。

スタイリストは、鈴木孝代ちゃん。

エディターは
澤田晴美さんと鈴木千晴さん。

ディレクターは栗澤洋輔さん。

「いいものを作りたい」
そう突き詰めてくれる
最強のスタッフに囲まれて
ちょっと大げさですが・・・
幸せです。

八事のサーウィンストンホテルにて
撮影をさせて頂きました。

なぜ、人は
ラグジュアリーブランドに
惹かれるのか?

デザインの美しさ、素材、職人の技。
その価値は何物にも代えがたい。
上質な物を大切に使う、
それは心の豊かさにも
繋がっているのかもしれません。

7周年を迎え、今一度
ラグジュアリーの魅力を
お伝えしたいと考えています。

ミッドランドスクエア プレミアムマガジン
『My Story』vol.20 7周年特別号の
発行は2月下旬頃。
デジタルブックでもご覧頂けます。
どうぞお楽しみに!

●25ansオンライン
http://www.25ans.jp/

メ~テレ、BOMBER-Eロケ。

【更新日:2014年01月15日】

寒い寒い夜。
そんな中、これから44階の
屋外型展望台へ。
「スカイプロムナード」で
番組ロケなんです。

メ~テレこと名古屋テレビ、
毎週火曜24時55分放送の
総合エンターテイメント番組、
『BOMBER-E』。

昨年10月から、音楽、アイドル、
バラエティ、プライベートという
4つのジャンルをテーマに
週変わりでお届けする
週一レギュラー番組となりました!

今日は女性アーティストの女子会企画の
「プライベート・ナイト」。
毎回様々なゲストを招いて、
東海地区を旅します。

今回のゲストは、三浦サリーちゃん、
Yun★chiちゃん、℃-uteの岡井千聖ちゃん。
名古屋の町を楽しみながら、
仕事、恋愛、いろんな話で
素顔を見せてくれるようです!

「きれ~い!」
しばし夜景に見惚れる3人。
凍てつく寒さと引き換えに、
澄み切った空気。
絶景でした。
でも、映像でそれがわかるかなぁ・・・

「見る?かなりキレイに撮れてるよ。」
一眼レフの動画カメラ?!
うぉ~!こんなに鮮やかに映るんですねぇ!!
「夜景の撮影には欠かせないね。」
この美しさ、ぜひ番組でご覧下さい!
2月11日(火)24時55分~放送予定。

ディレクターの小南さん、
ADの丸山さんはじめ、スタッフの皆さん、
お疲れ様でした!
風邪引かないで下さいね!

●名古屋テレビ「BOMBER-E」
http://www.nagoyatv.com/bomber/

劇団四季『美女と野獣』名古屋公演スタート!

【更新日:2014年01月13日】

9月でしたでしょうか、
市内ホテルにて劇団四季
『美女と野獣』名古屋公演について
開催発表の記者会見がありました。




演出家・浅利慶太さんも
いらっしゃっての
盛大なものでした。

それから、3ヶ月―――。

いよいよ始まりました。

こちら、劇団四季
新名古屋ミュージカル劇場。

プレスや関係者向けの
試写的なプレ公演が
実施され、拝見して参りました。

ミッドランドスクエアからも
お花を出させていただきました。

いざ、会場内へ。

わぁ、スゴイ人!
ほぼ満席。
期待度がわかります!

『キャッツ』『ライオンキング』
『オペラ座の怪人』に次ぐ
歴史的傑作ミュージカル
『美女と野獣』。

18世紀フランスで生まれた寓話
『美女と野獣』が、世界にその名を
知らしめたのは1991年。
ディズニーによるアニ映画の成功によって
ブロードウェイ初進出を果たし、
歴史に残る大傑作となったのです。
辛口で知られるブロードウェイの
批評家たちをも
「魔法にかけられた舞台!」
と舌を巻かせたとか。

リアリズムを超えた
アートのようなセットや
小道具・大道具はもちろん、
華麗にして精緻な“衣裳”は、
さすが大作。圧巻でした。

ベルは、
美しいベルにぴったり、
スタイル抜群の
若手女優さんでした。
ビーストに惹かれていく
ロマンティックな恋心を
見事に演じていました。

ビーストは、
ベテラン佐野正幸さん。
伸びやかな声、
本当に素晴らしかった!
王子へと変身するシーンは、
エキサイティングなイリュージョンが
仕掛けられ見事!

カーテンコールは
スタンディングオベーションでした。

劇団四季営業の河崎さん、
広報の増田さん、
協賛の東海テレビさんはじめ、
たくさんのお友達に会えました!

ライターのマリコさん、
「人間に戻った王子が登場した瞬間は
胸がキュンとなったよぉ。」
右は弊社、宝塚ファンの冨田。
「四季もやっぱりいいですねぇ。」

流行発信の桑原さんと、
高島屋販促チーム。

長年、四季の撮影を担当している
カメラマンの堀さん。

シネマパーソナリティーの
松岡ひとみさん。
ライターの晴美さん。
「ミュージカルは
ちょっと苦手だったんだけど
ちょっと価値観変わったなぁ。
すごく良かった。」
両サイドはモンシェールの
金美花社長と、春香専務。

売店でモンシェールのマカロンセットが
販売されてました。

『美女と野獣』と
コラボしてるんですね!
休憩時間にぜひ。

劇団四季『美女と野獣』名古屋公演は、
1月12日からスタート。
壮大なスケールの
エンターテインメントをぜひご堪能下さい!

●劇団四季『美女と野獣』
http://www.shiki.gr.jp/applause/bb/index.html

Page 20 of 88« First...10...1819202122...304050...Last »