report

劇団四季さんと、南翔饅頭店。

【更新日:2013年03月22日】

劇団四季名古屋本部の小嶋さんが
東京に転勤されることに。
送別会が行われました。



小嶋さんには、(左下)
オペラ座の怪人、アイーダ、
たくさんのコラボ企画をご一緒頂き、
本当にお世話になりました。

公演本部長の中藤さん、
俳優の菊池さん、
弊社社長 水尾、執行役員 中井、
広報部長 浅井。

今日の「乾杯」の記念に、
紹興酒の箱に、全員で寄せ書き。

こちらは、俳優の菊池 正さん。
四季ファンの方なら、
「きゃあ~~~!!!」ですね。(笑)
今名古屋で公演中の
「ユタと不思議な仲間たち」に
ペドロ役でご出演されています。

もうご覧になられましたか?
(私はまだ…なんですが)

東京から東北地方の湯の花村へと
転校してきた水島勇太は
村の子ども達に「モヤシっ子」と
いじめられてしまいます。
すると…
東北地方に語り継がれている子どもの精霊
「座敷わらし」が助けてくれるように。
座敷わらし達は、泣いてばかりのユタに
「生きていることの素晴らしさ」を伝え、
ユタの心と体はどんどん強くなっていくのです。

菊池さんが演じていらっしゃるのは、
座敷わらしたちの親分、ペドロ。
元禄8年の大ききんの時に“ぺんどろ沼”の
近くで生まれ、すぐ死んでしまったので
ペドロと呼ばれています。
ユタが村の子どもたちと仲良くなるために
ひと肌脱いでやろうとする人情家の役です。

素敵なストーリーですね。
「ユタと不思議な仲間たち」、
ぜひ姪っ子や甥っ子と観たいと思います!

小嶋さん、お世話になりました。
有難うございました。
大井町の新劇場、「リトルマーメイド」も
伺いますね!

●劇団四季
http://www.shiki.jp/

ジミーチュウ、メンズが熱い♥

【更新日:2013年03月21日】

1996年に創立された
ロンドン発の靴ブランド、ジミーチュウ。
エレガントで履きやすい靴は、
故ダイアナ妃やハリウッド女優など
多くのセレブリティにも愛用され、
最近では、バッグやアイウエア等も
人気を博しています。

この、ジミーチュウ、
ミッドランドでは、2Fの
ラグジュアリ―セレクトショップ
「デザイン・ワークス・コンセプトストア」で
お取扱いチュウ。

そして、メンズも
人気急上昇チュウ。




名古屋でメンズのジミーチュウを
ここまで揃えているショップ、
少ないッチュウことです。

メンズスタッフの
山崎さんリコメンドはこちら。

たっぷり入る
キャンバス地、縦型のトート。
129,150円。

迷彩柄かと思いきや、
よく見ると…

いや~ん♥
シャレが効いてる。(笑)

ジミーチュウは、元々
官能性やファッション性の高さを
上手く取り入れた
ブランドなんですよね。


ブラックレザーもあります。
147,000円。

こちらは内側が先程と同じ、
キャンバス地。
照れ屋さん向け。(笑)

お財布もあります。

そして、私のリコメンドがこちら!

絶妙な配色の
ドキュメントケースと、スリッポン。

しかも、ハラコ。
87,150円。
これをカッコ良く履いてるメンズに
街で出会ったら、
駆け寄って握手したい気分です。(笑)

女性がこの柄持ってたら、
引かれるのでしょうか?(笑)
141,750円。

ゼブラもありました!
黒と白じゃなくて、
黒とベージュってとこがイイ。
しかも、中がフューシャピンク。

もうすでにお一人、
お電話でのお問い合わせがあり、
翌日、即買いされていったんですって。
オッサレメンズですねェ…。
ぜひ全身コーディネートのスナップ、
撮らせて下さ~い。(笑)

レオパード柄もあります。
こちらは中がオレンジ。
3柄・色とも抜群にクールです!

山ちゃんリコメンドをもう一点。

ジミーチュウらしいデザイン。

特にこの春夏は、ロックンロールや
バイカー風のスタッズを多用して、
都会的でユニークなデザインを
展開しています。110,250円。

靴底までこだわってます。
クロコ風の型押しに、ロゴ。

ちなみに、
私のシューズリコメンドはこちら。

ペニーローファー。
アイビーの典型ですが、
最近は自由に履きこなしてる
オシャレメンズをよく見かけます。

アラッ、ここにも♥
遊び心満載です。

赤のスウェードもキュート。
トリコロールコーデもいいですが、
大人のカジュアルとして
セクシーに履きこなして頂きたいデス♪

メンズなのに、何故かノリノリの私。(笑)
メンズジミーチュウ、
絶賛、リコメンドチュウです♥

●デザインワークスコンセプトストア
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=206

まっぷるマガジンのご取材。

【更新日:2013年03月21日】

昭文社さん発行の「まっぷるマガジン」。
国内の観光情報を、各エリアごとに
まとめられた旅行ガイドブックです。

毎年、「まっぷるマガジン名古屋」では
ミッドランドスクエアを
たくさんご紹介下さってます!
ありがとうございます。

そして、2014年版の制作がスタート。
今年もジートランスをはじめ、
丸1日かけて数店舗をご取材下さいました。



エディターの長谷川さんと、
カメラマンの小塚さん。
いつもお世話になってます!

6月頃に発行されるご予定。
「まっぷるマガジン」をご覧になって、
ぜひ名古屋へ、ミッドランドスクエアへ、
お出掛け下さいね!

●まっぷるマガジン
http://www.mapple.co.jp/mapple/product/guide/mapple/japan.html