fashion

鯖江が誇る、旬メガネ。

【更新日:2014年02月09日】

雪、でしたね。

朝の粉雪が、
お昼には牡丹雪に変わり、
午後にはみぞれに、
帰る頃には雨となっていました。

お足元の悪い中、ご来館下さったお客様、
有難うございました。

3F「ジートランス」。
メガネの聖地、
福井県鯖江市が誇る
アイウェアブランド
『spec espace(スペック エスパス)』と、
『H-fusion(エイチ フュージョン)』の
Wブランドフェアが始まりました。

「空間への憧れ。解放、無限への誘い。」
と、
「前時代的なデザインへのオマージュ。」
というそれぞれのコンセプトを持った
二つのブランドが融合した一週間。

総本数150本以上が
揃っているとのことです。

『spec espace』のフレームといえば、
「空間的なフォルム」による
ストレスフリーなデザインが特徴的。

なんとこちら、
“折りたためない”んだそうです。
それって、困るのでは?!

いえいえ、その代わりに
こんな風に曲げて引っ掛けることが
できるんです!

つまり弾力がスゴイ!
この弾力で耳にかけるというより
頭の形に沿わせて固定するんですって。

だから耳も痛くならず、
ストレスフリーなんですって。

細田店長も掛けてますね。

下が細田店長と同じモデル。
上が今回の新作。
新作はより細く華奢なフレーム。
女性にも合わせやすいデザインと
なりました!

『spec espace』にはもう一つ、
代表する人気のシリーズが。

鯖江市の眼鏡職人・西野正美氏による
手仕事シリーズ。
セルロイドという硬く加工の難しい素材を、
通常のプラスチック(アセテート)の
3倍の時間をかけて磨き上げ、
熟練の技を用いてフレームに
美しい丸みを出しています。

フレームに刻まれた文字は
巧みの技が生きている証。
(ピンが合ってない・汗)

そして、もう1つのブランド、
『H-fusion(エイチ フュージョン)』を
ご紹介します。

『前時代的なデザインへのオマージュ』。
「クラシックでありながらモード」といった
矛盾しそうなスタイルをひとつの
カタチにした眼鏡です。

最近、こういったレトロ感溢れるデザインが
人気ですよね。
キムタクとか綾野剛くんとか
ドラマでかけていた気がします。

60年代~80年代のファッション性やイメージ、
空気を反映したものがリソースとなっているため、
眼鏡そのもの、またはかけたスタイルに
様々な「思想性」が盛り込まれているとのこと。

使用されている素材のセルロイドは
硬い性質。
歪みが少なく使用するほど顔に馴染み、
きめの細かい光沢を放ちながら、
クラシックな質感を生み出していのです。

日本の眼鏡産地・鯖江の
眼鏡職人たちによって
丁寧に作られたメガネたち。
フェアならではの貴重なモデルも
勢揃いしています。
また、ノベルティプレゼントも。
さらに、ミッドランドスクエアの
メンバーズカードも
Wポイントキャンペーン中!
フェアはバレンタインまで。
ぜひこの機会に!

●ジートランス
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=311

メンズモデルは、リヒトくん。

【更新日:2014年02月02日】

次号の当館会報誌、
『My Story』は7周年特別号。
25ansの十河編集長にご登場頂く
“ラグジュアリーブランド特集”
から始まり、黒田エイミちゃんに
ご登場頂くファッションページ等、
とっても豪華です。

そして、この日はメンズの
ファッションページの撮影。
早朝ロケの控え室。
レザージャケットの後ろ姿は
スタイリスト、櫻井賢之さん。
モデルは櫻井さんのリコメンド、
ファッションショーや
メンズファッション誌で
ご活躍のリヒトくんです。
一時期、デザイナー業に
専念するため、モデル業を
お休みされていたんですが
最近復活されたんですね。
お隣でサポートしてくれてる
スタイリストの孝代ちゃんは
以前からリヒトくんの
ファンだったんですって!

エディターは、晴美さんと千晴さん。
晴美さん、最近ご担当された
メンズクラブの名古屋読者
スナップページを
チェックしてました(笑)。

ヘアメイクは、まっちゃん。
みなさん、朝早くからお疲れ様です。

デルーカのエクスプレスで
撮影が始まりました。
カメラマンは竹内さんです。

ファッション業界の最先端で
仕事をされるお二人に
2014春夏のトレンド動向を
語っていただくシーンを
撮影しました。

そして、デルーカで
小腹を満たすお惣菜を買って…

おっと!
いい感じですねぇ。

「今夜は何食べたい?」
「ローストビーフ、しようか?
デルーカの、旨いんだよね。」

ははは・・・怒られるかな?(笑)

そして、市内某所の
スタジオへ移動。

櫻井さんと言えば、
嵐やEXILもご担当される
人気スタイリスト。
超多忙の中、
東京にある各ショップの
プレスルームを回って衣装を選び、
「よく新幹線乗りましたね、これ。」
というほどの巨大な
スーツケースを持って
名古屋にお越し下さいました。

ただ着るのではなくて、
ショールの巻き方を変えてみたり、
インナーの柄がかっこよければ
風を当ててさりげなく見せてみたり、
袖をまくってみたり。
少しの工夫でどんどん
カッコよくなります。

それらの衣装を着て、
カッコよくポージングする
リヒトくんですが、
実はこの日、
手首を骨折していたんです。
「ギプスを巻いてたら
仕事にならない。」
ということで、取り外し可能な
ギプスを装着して現場へ。
カメラが回りだすと、
ギプスを外し、それを全く
感じさせない笑顔に。
相当痛いでしょうに…。
みんなプロですねぇ。

モニターで、チェック。
「うわぁ、カッコいい…。」
緊張感漂うスタジオに
ようやく笑顔が。
「よしっ、いいね!」
夕方無事、撮影終了。

「はぁ~、疲れた、眠いねぇ。」
「朝早かったからねぇ~。」
すると、櫻井さん、
「実は僕、一睡もしてないんだよね。
昨日朝4時まで打合せがあって、
そのまま新幹線に飛び乗ったから
自宅に帰ってないんだ。」
えっ~~~~!!!!
本当にご多忙なんですね。
「ちなみに今夜から、
イタリア出張なんだ。
機内で眠れるから大丈夫。」
うわぁ~~~!!!!
そんな中、有難うございます。
本当にお疲れ様でした。

「折角、名古屋に来たから
ひつまぶしを食べて帰りたい!」
ということで、
超特急で櫃まぶしを平らげ、
ご機嫌な笑顔で
名古屋駅へと入って行かれました。
お疲れ様。
お気をつけて!

『My Story』は2月下旬、
発行予定。
オンラインでもご紹介します。
ぜひご覧下さいね!

ちなみに!
3月1日(土)、
そんなお二人に会える
イベントも準備中。
こちらもお楽しみに!!

●櫻井賢之 Super Sonic
http://super-sonic.jp/works/?creator=masayuki_sakurai

●リヒト NOVEMBER AGENCY
http://www.novemberagency.com/novemberagency/index.html

明日は、森田空美先生のきもの塾。

【更新日:2014年01月26日】

以前、ご希望者を
募集させて頂きました、
小学館『和樂」タイアップ、
「森田空美のきもの塾&美食会」。
いよいよ明日となりました。

前入りでロケハン&打合せです。
先生、名古屋ミッドランドへようこそ!

東京・青山できもの教室を
主宰する、きもの研究家。
グレーやベージュを基本とした
上品で都会的な着こなしが
絶大な支持をうけ、
現代の「知的きもの」ブームを
巻きおこし、
『和樂』などの雑誌、講演等で
ご活躍されています。

この度、『和樂』の掲載記事を
まとめた新刊
『森田空美のきもの塾』と、
新ブランド
「いとほしby森田空美」を発表。
それを記念して
東京、名古屋、京都で
「森田空美のきもの塾&美食会」
を開催することとなり、
名古屋は当館42F、
エノテーカ ピンキオーリで
開催されることとなりました。

ピンキオーリのランチコースを
お楽しみ頂くとともに、
季節のコーディネートや
麗しく着付けるコツ、
また永く着られる“30年きもの”
の賢い選び方など、
森田流を学ぶことができます。

本当にたくさんの方に
ご応募頂きました。
五十嵐ブランド編集長からも///

「できるだけたくさんの方を
ご当選させて差し上げたいの。
めいっぱいだと
何名様まで入れるかな?」

「いやいや編集長、
これ以上はかなり狭いし、
見辛くなってしまうと思うんです。」

「でも、お客様は立ち上がってでも
先生の講座をお聞きになりたいって。
店内の椅子を全部使うと何名?」

そんなやりとりをしながら、
ありったけの椅子をご用意して
お入り頂くことになりました。
明日、ご参加下さる皆様、
どうかご了承下さい・・・

折角名古屋に
お越し下さいましたので
「蔵人厨ねのひ」でディナー。




名古屋らしいメニューと
ねのひの日本酒を味わって頂きました。

●森田空美 書籍シリーズ、「いとほし」
http://www.shogakukan.co.jp/pr/moritakimono/
http://www.pal-shop.jp/user_data/itohoshi.php

●小学館『和樂』
http://www.waraku-an.com/

Page 28 of 54« First...1020...2627282930...4050...Last »