restaurant

春の京都吉兆。

【更新日:2011年04月14日】

和食をこよなく愛する食通の友人から、
「春の京都吉兆料理を食べてみたい。」と
お誘いいただきました。
ちょっと贅沢ではありますが、
お祝い事もありましたので、予約をすることに。
貴重な機会ですから、杉井専務のご許可をいただき、
レポートをさせていただきます。

京都吉兆といえば、
京都嵐山の渡月橋近くにある
日本を代表する日本料理店。
総料理長は、世界でもご活躍の徳岡邦夫氏です。
2009、2010年にはミシュラン3つ星も獲得しました。
その味を名古屋で再現するのが、
ここミッドランドスクエアオフィス棟41階にございます
「京都吉兆 名古屋店」。
毎日京都から新幹線で通う藤山料理長が、
季節感溢れるお料理を提供しています。

店内は、春の装い。

京料理との意外なコラボレーション。
ミッドランドスクエアならではの夜景もお楽しみいただけます。

初めに桜茶。

続いて、先付けが食前酒とともに。
黒い漆の丸盆に大根で作った小さな灯篭、
そして桜の花びらが舞っています。
まるで夜桜見物にでも来たような、
これはもう一つの風景ですね。
美しいです。

杯を手に取ると、
霧吹きをした上に花びらが散らしてありました。
ここに岐阜県 純米大吟醸「吉兆貞翁」を注ぎます。
花びらがゆらゆらと浮かぶんですね。
粋で丁寧な演出です。

先付けの蓋を開けると、、、華やか!
一番左は、フォワグラのムースににこごり。
絶品です。

お椀、お造り、焼き物と続き、、、


そして、、、
ほっかほかで登場です!
何かおわかりですか?

この季節、京都といえば、そう「筍」です。

シンプルに塩と山椒でいただきます。
旬ものは新鮮で、本当に美味しいですね。

京都吉兆自慢の「ご飯」。
京都吉兆は、以前NHKさんで特集されたほど、
ご飯の炊き方にこだわっています。
今日は土鍋で炊き上げた「桜海老ご飯」です。
艶々のごはんに、たっぷりの桜海老と錦糸卵。
板若布をのせていただきます。
素材の味がしっかりと活きた、上品な味付け。
思わず、目を閉じてしまう美味しさです。
ご飯を3杯もおかわりしたのは、中学以来かも。
最後にデザート。
左上は手作りの桜餅。温かくふかふかでした。

友人も大満足。
すっかり京都吉兆ファンになった様子でした。

味、素材、おもてなしの心、
日本料理の素晴らしさを改めて実感できた夜です。
本当に美味しいものは、活力を蘇らせてくれますね。
記念日とはいえ、贅沢をしてしまいました。
でもまた明日から仕事、頑張ります。

京都吉兆 名古屋店の会席料理は、
15‚000円、28‚000円、35‚000円と三段階。
フロア席ならミニ会席10‚000円もございます。
(税金サービス料別)
お昼は松花堂弁当5‚000円(税サ込)も人気ですよ。
詳しくは店舗にお問い合わせ下さい。

●京都吉兆 名古屋店
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=4101

中京テレビ「PS」ご取材。

【更新日:2011年04月12日】

毎週日曜夜10時30分、
中京テレビさんの人気グルメ番組
といえば「PS」。
高田純次さん、柴田理恵さん、
加藤晴彦さん、モンキッキーさんご出演の
長寿番組ですね。
ミッドランドスクエアもオープン時から、
たくさんご紹介いただいております。
いつも有難うございます。

今回、敏腕シェフが
自分と同じジャンルの料理店で、
最高の一皿をリレー形式で
紹介していくという新企画で、
4Fの上海老飯店をご紹介いただくことに。
モンキッキーさんと、
美人料理研究家の森崎友紀さんが
ご来館され、上海老飯店自慢の品を
ご試食いただき、
レポートしていただきました。

内容は当日のお楽しみ!
とっても美味しそうに召し上がって頂きました。
森崎さん、キレイでしたぁ。。。
放送予定日は
5月29日(日)22:30~23:30。
皆様、ぜひご覧ください!

●中京テレビ「PS」
http://www.ctv.co.jp/ps/

ピンキオーリで至福の夜。

【更新日:2011年03月11日】

昨夜、行ってしまいました・・・
「My Story」制作チームで・・・
イタリアNo.1の称号を持つ
三ツ星リストランテ「エノテーカ ピンキオーリ」。
2011年度のスタートに気合を入れるため、
ちょっと・・・奮発です。

折角の機会ですので、
レポートさせていただきます。

「4周年記念メニュー」をいただきました。
初めに本日のお料理の説明。
全員、やや緊張気味。

グリッシーニとともに、
スプマンテを1杯ずついただいた後、
お料理が始まりました。

初めに、「モンゴウイカのナストリ仕立て 
花ズッキーニとズッキーニのマリネと共に」。

新鮮!イカ本来の味を十分に効かせた、
柔らかな酸味のソース。よく合います。

続いて「三河湾産天然真鯛のポワレと蛤の
グワッゼット セロリのブラザート添え」

鯛がぷりぷり!ふんわりと仕上げてあるのに
ものすごく身が締まっています。
ソースは、蛤のだしがしっかり出ています。
絶品ですねぇ。

エノテーカ ピンキオーリと言えば、
ワインをいただかなければ!
お料理に合わせて、白、赤が。

グラスワインでこのレベル、さすが!

パスタです!
「ジャガイモを詰めたアニョロッティ
グリーンピースのクレマ 新人参と小玉葱の
コンフィ」

色鮮やか!春ですね~
ラビオリのようなパスタの中にマッシュポテトの
ようなジャガイモが。グリーンピースの
クリーミーなソースが美味。
隣の席の男性メンバーが
「旨い!旨い!」と大騒ぎしてます。

スカイレストランのもう一つのご馳走。
約200mからの名古屋の夜景です。

より一層良い気分に・・・

メインです。
正直、お腹すでに満足状態です。
「仔羊と春野菜のフリカッセ ポレンタビアンカ
添え」

美しいピンク。なんて柔らかい!
すみません、
満腹というのは嘘だったようです。
牛肉よりあっさりしているからでしょうか?
軽くいただいちゃいました。
臭みは全くないので、ラムが苦手な方でも
いただけるのではないでしょうか。

そして、デザート。
「シガーに見立てたリンゴのキャラメリゼ
ミントの香りと共に」

本当に本当に満腹だったのですが、
またまた別腹あったみたいです。
デザート、おいしすぎました!
サックサクのリンゴのパイと、カルヴァドスの
風味がたまらないアイスクリーム。
温と冷の組み合わせがベストマッチ。
またミントゼリーがさっぱり爽やかです!

そして、最後にピンキオーリこだわりの
フレッシュで濃厚なエスプレッソをいただき、
コース終了。

あぁ~、美味しかった~~(笑)

最初はみんな緊張気味でしたが、
最後はとびっきりの笑顔。
スタッフの皆さんもとても気さくに話し掛けて
下さるので、リラックスして楽しく
いただくことができました。
やはり高級なイメージが強いですが、
思いのほか(笑)
リーズナブルなコースもあります。
詳しくはお店にお問い合わせ下さい。

とてもとても幸せな夜でございました。。。

●エノテーカ ピンキオーリ
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=4201

Page 96 of 97« First...102030...9394959697