マチュリテのTAMANOHADAシャンプー。

【更新日:2011年04月22日】

以前、
メーテレ美人女子アナSさんにいただきまして、
愛用していたシャンプーが
もうすぐ無くなりそうなので
3Fマチュリテに買いにまいりました。
とっても良かったので!
コンディショナーはまだたっぷり
あるのですが、セットで使いたくて!
(大体、シャンプーから無くなりますよね)

「玉の肌石鹸」という会社の
「TAMANOHADA」シャンプーです。
日本製の天然精油を贅沢に使用した
自然派シャンプー。
ラベンダー、オレンジ、ムスク、
ローズ、ガーデニア、いちじくの6種類の
香りがあります。
私はラベンダーを使用。
かなり香りが強いですが、
天然の香りなので嫌な感じじゃないです。
ボトルもかなりシンプルでかわいいので
インテリアとしてもgood。
ディスペンサーが別売であり、便利です。

このシリーズの他に、
カリフォルニア生まれの
オーガニックスキンケア製品
「erbaviva(エルバビーバ)」や、
NYソーホーにヘアサロンを持つ
「john masters organics
(ジョンマスターオーガニック)」もあります。


どちらも天然素材にこだわった
本当に上質なシリーズで、
ファンから厚い支持を得ていますね。
エルバビーバは土日のファミリーに人気で、
ジョンマスターオーガニックは仕事帰りの
OLさんに人気なんだとか!
パッケージを見ると、
なんとなく意味がわかります。

ちなみに、マチュリテは本来
インテリア雑貨のお店です。
お店まるごと買い取りたいくらい
素敵な雑貨たちが溢れております(笑)
インテリア編につきましては
また後日ご紹介いたします!

●マチュリテ
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=3011

デルーカのジンジャーエール。

【更新日:2011年04月16日】

ここ3日間くらい、少し暖かいですね。
デスクワークをしていたら、
とても喉が渇いて、地下1階の
ディーン&デルーカに。

デルーカのジンジャーエール、
美味しいんですよ。
とても本格的な味です。

西村店長を捕まえまして(笑)
秘密を教えてもらいました。

使用しているジンジャーシロップはこちら・右。
黒胡椒やシナモン、クローブなどを入れた
大人味のシロップです。
左はレモン入り。

炭酸水は、こちら。パワースパークリング。
ジンジャーに負けないよう、炭酸がかなり強め!

あと氷も、炭酸が抜けにくいように
あえてかちわりを仕入れて、
大きいまま丸く削って、溶け難くしているそう。
かなりこだわったジンジャーエールなんですね。

大人のナチュラルジンジャーエール。
こだわり派さんにおすすめです。
ちなみにシロップも炭酸水もお店で
販売してますので、ご自宅でもぜひ。

さらに、ダイエット中なのに
見つけてはいけないものを見つけてしまいました。
ホワイトチョコレートがコーティングされたラスクです。

「ル・シュプレーム」というお店からのセレクト品。
よくあるラスクの形ではなく、
コロコロの一口大。
やたらと美味しそうな顔をして並んでまして、
眺めていたら、スタッフの方がすかさず、
「あっ、これすごく美味しいですよ!」って。

デスクに戻り、周りの社員に配りましたところ、
5人中5名が美味しい!と大好評。

宜しければ、皆様もぜひ!
詳しくは、お店にお問い合わせ下さい。

●ディーン&デルーカ
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=0104

春の京都吉兆。

【更新日:2011年04月14日】

和食をこよなく愛する食通の友人から、
「春の京都吉兆料理を食べてみたい。」と
お誘いいただきました。
ちょっと贅沢ではありますが、
お祝い事もありましたので、予約をすることに。
貴重な機会ですから、杉井専務のご許可をいただき、
レポートをさせていただきます。

京都吉兆といえば、
京都嵐山の渡月橋近くにある
日本を代表する日本料理店。
総料理長は、世界でもご活躍の徳岡邦夫氏です。
2009、2010年にはミシュラン3つ星も獲得しました。
その味を名古屋で再現するのが、
ここミッドランドスクエアオフィス棟41階にございます
「京都吉兆 名古屋店」。
毎日京都から新幹線で通う藤山料理長が、
季節感溢れるお料理を提供しています。

店内は、春の装い。

京料理との意外なコラボレーション。
ミッドランドスクエアならではの夜景もお楽しみいただけます。

初めに桜茶。

続いて、先付けが食前酒とともに。
黒い漆の丸盆に大根で作った小さな灯篭、
そして桜の花びらが舞っています。
まるで夜桜見物にでも来たような、
これはもう一つの風景ですね。
美しいです。

杯を手に取ると、
霧吹きをした上に花びらが散らしてありました。
ここに岐阜県 純米大吟醸「吉兆貞翁」を注ぎます。
花びらがゆらゆらと浮かぶんですね。
粋で丁寧な演出です。

先付けの蓋を開けると、、、華やか!
一番左は、フォワグラのムースににこごり。
絶品です。

お椀、お造り、焼き物と続き、、、


そして、、、
ほっかほかで登場です!
何かおわかりですか?

この季節、京都といえば、そう「筍」です。

シンプルに塩と山椒でいただきます。
旬ものは新鮮で、本当に美味しいですね。

京都吉兆自慢の「ご飯」。
京都吉兆は、以前NHKさんで特集されたほど、
ご飯の炊き方にこだわっています。
今日は土鍋で炊き上げた「桜海老ご飯」です。
艶々のごはんに、たっぷりの桜海老と錦糸卵。
板若布をのせていただきます。
素材の味がしっかりと活きた、上品な味付け。
思わず、目を閉じてしまう美味しさです。
ご飯を3杯もおかわりしたのは、中学以来かも。
最後にデザート。
左上は手作りの桜餅。温かくふかふかでした。

友人も大満足。
すっかり京都吉兆ファンになった様子でした。

味、素材、おもてなしの心、
日本料理の素晴らしさを改めて実感できた夜です。
本当に美味しいものは、活力を蘇らせてくれますね。
記念日とはいえ、贅沢をしてしまいました。
でもまた明日から仕事、頑張ります。

京都吉兆 名古屋店の会席料理は、
15‚000円、28‚000円、35‚000円と三段階。
フロア席ならミニ会席10‚000円もございます。
(税金サービス料別)
お昼は松花堂弁当5‚000円(税サ込)も人気ですよ。
詳しくは店舗にお問い合わせ下さい。

●京都吉兆 名古屋店
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=4101