紫野和久傳の「笹ほたる」。

【更新日:2011年05月01日】

先日、オフィス棟のエレベーター内で
弊社役員秘書の久保に会い、
「広報ブログ読んでますよ!
(ありがとぉ~!)
今度、和久傳の“笹ほたる”を
紹介してください。
私、和久傳の中で一番好きな
お菓子なんです。
明日から発売なんですが、
早速2つ予約してあるんですよ。」
と言われました。
お遣い物を用意することの多い秘書が
言うのですから、
これは信憑性の高いトクダネです!

というわけで、早速B1F「紫野和久傳」に
行ってみました。

「和久傳」をご存知でしょうか?
京都・高台寺に本格的な料亭の
本店「高台寺和久傳」を持ち、
他に「室町和久傳」「京都和久傳」
「紫野和久傳」とそれぞれ
やや趣の異なる4つの「和久傳」を持ちます。
いずれも、京都らしい味と佇まいを残しながら、
現代の和モダンも取り入れた、
本当に素敵なお店なんです。


ミッドランドスクエアB1Fにあるのは
「紫野和久傳」。
お菓子や甘露煮など、おもたせが中心。
定番のれんこん餅「西湖」も大人気ですが、
(先日のトークショーで、
市川亀治郎さんがお好きだと
おっしゃって下さっていましたね!)
今日は、4月28日から季節限定で発売となった
その「笹ほたる」を買いに来ました。

連休中で出勤する社員も少なかったので、
自宅に持って帰ってきました!

深夜ですが、、、開けてみましょうか。

鮮やかな抹茶色です。

深夜ですが、、、お茶でも飲みましょうか。


切ってみて、
「笹ほたる」というネーミングに納得。

抹茶の羊羹の中に、
琥珀色のほうじ茶寒天が
3つ浮いています。
そう、笹の草むらの中に、
ほたるが優しく輝いているようです。
きれいですねぇ。。。

深夜ですが、(クドイ?)いただいてみると、
美味しい~!抹茶が濃厚!
なのに、本当にとても上品な甘さ。
次に、ぷりぷりとしたほうじ茶寒天から
ほうじ茶の香ばしさがしっかりと広がってきます。
秘書・久保が強くおすすめする
だけのことはあります!

「笹ほたる」は8月末までで一箱、2,100円。
夏のおもたせに、活躍しそう。
来客時のお茶菓子や
食後のデザートにお出ししても、
素敵ですね~。
和菓子ですから、低カロリーですし(笑)

●紫野和久傳
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=0107

母の日のお花を、トルチュで。

【更新日:2011年05月01日】

隣の席の岩崎が、
「僕、今から“母の日”の花の予約をしに
トルチュに行ってきます。」と言うので、
すかさず、取材についてきちゃいました。
(いい子に育って・・・涙)


B1Fのフラワーブティック「クリスチャン・トルチュ」。
パリのフラワーアーティストのブティックです。
東京ミッドタウンさんにも入店されてますね。

母の日ギフトとして用意されているのは4種類。
カーネーションを使ったラウンド型のアレンジ、
「パステル」3,150円。
カーネーションと胡蝶蘭を使った大人っぽいアレンジ、
「アルモニィ」5,250円。
カーネーションと芍薬を使った華やかなアレンジ、
「ヴェール・フレ」10,500円。
ガラス花器に入ったミディ胡蝶蘭、
「オルキデ」7,875円。


どれも素敵で、迷ってしまいますね~。
トルチュのお花はデザインは勿論のこと、
花の質や水揚げの処理も評判なんですよ。

お届け期間は5月5日(木)~8日(日)で、
予約受付は5月6日(金)15:00まで。
いずれも配送のみの取り扱いとなります。
詳しくはお店にお尋ね下さい。

ちなみに今、B1F特設スペースでは
ミッドランドおすすめの母の日ギフトを展示中です。
ぜひご覧下さい。

●クリスチャン・トルチュ
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=0101

オーベルジュ・ド・リルでジュエリー展示会。

【更新日:2011年05月01日】

先日、42階オーベルジュ・ド・リル ナゴヤで、
ミラノを本店とするジュエラー「SCAVIA」さんの
チャリティーイベントが開催されました。


東日本大震災の被災者のための
チャリティーペンダント「Cuore」を販売。
「Cuore」とはイタリア語でこころや愛情などを意味し、
売上の一部は、scavia社より
被災地の復興援助活動のため、
国連UNHCR協会に寄付されるとのことです。
今、チャリティーイベントがとても盛んです。
素敵なことですよね。

イベントには「SCAVIA」さんの
アンバサダーを務める服部由奈さんや、
お友達の磯部さん、浅井さん、早川さん、高木さんを
はじめ、名古屋を代表するセレブリティの皆様が
お越しになっていらっしゃいました。
いつも有難うございます。

リルのメインダイニング内には、
「SCAVIA」さんの斬新で美しいハイジュエリーが
展示され、ワインやカクテルが振舞われていました。
名古屋の街を一望できる
開放感たっぷりのダイニング。
こんな優雅な展示会がぴったりのロケーションです。

●オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ
http://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=4202

●SCAVIA
http://www.nagahori.co.jp/brand/scavia/